チビ太が歩く、跳ぶ、走る、そして寝る。(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)

足並み揃っているね〜ぇ♪

PageTop PageTop

チビ太の病院記録、2010.12.18/去勢手術

 
入院前、夜の散歩にて

入院前日、2010.12.17 夜10時、
  散歩へ行く。

  いつもならば、散歩大好きチビ太は、
  元気満々で喜びの歓声も上げながら
  家を飛び出すのに、洋服を着るのが
  大嫌いなチビ太は、ぶすー。
  そこが、またかわいい〜。

←写真の上にマウスを置いてね♪

 ● 2010/12/19 ・去勢手術にて入院しました。そして、帰ってきました♪
退院してきました♪

  ・血液・尿・便検査代: 4.620円
  ・手術費:36.750円
  ・内服薬: 1.628円
  ・外用薬:  630円
  ・その他: 2.048円
  12月19日:合計: 45.676円

その後の通院予定日:22日と31日


エリザベスカラーをつけて戻ってきたチビ太は、超不機嫌+家族全員を避ける、人間不信になってしまったのか、悲しそうな顔をしていた。(メチャ寂しがる飼い主)元気のないまま、一晩過ごすが眠れない様子だった。

去勢手術に踏み切った理由

今年の9月頃に、主人が「1つ、しきゃない。」「えっ、1つじゃないの?」「2つだよ。」の会話から始まった。
そして、チビ太の実家に尋ねてみると、、「お腹の中に入っていたら大変だから検査して貰って。」とのこと。

また、11月にはいると、時折、お腹だけが妙に暖かくというのか、熱く感じて、ますます気になった。
12月6日、散歩から戻り足とお腹を洗っていると、今まで感じなかった違和感、この違和感が気になって、
8日に病院へ行った。その違和感はちょっぴり笑われたけど、「早めに手術した方がいい。」との事でした。
そして、手術の予約を入れた。
------------------------------------------
診察の時に、先生の言ったひとことが気になった。
「もっと小さい時ならば、ホルモン剤(注射)で袋に落ちる場合もあった、が、この歳になると使えない。」と、

チビ太が我が家に来た当初、別の病院で健康診断を受けた、この時に「異常なし」と言われたが、『何を検査したんだろう』と、当時の私は疑問を抱えた。でも、こんなものなのかなと自分を納得させた。
あの時に、袋の検査をしていたら・・・、違っていたのだろうか・・・? と、疑問を抱えた。
まっ、遅かれ早かれ去勢はする予定だったから、良しとしよう。(・-・)(。_。)ウンウン(笑)
------------------------------------------
異常ということで、取り出した、2つを見せて貰いました。(;^_^A アセアセ…
袋に入っていた大きさを1とすると、お腹に入っていたもう一つは、三分の一くらいの大きさだった。
大きめの血の固まりのようだった。「これだけ小さいので何の心配もありませんよ。」との事。
やれやれ、長生きしてくれよ〜ぉ。。ずーと、ずーと、一緒に暮らそうねっ。

手術後

 ● 2010/12/20 ・ごはんを食べてくれたよ♪
 18日・19日の2日食べず、20日の夜やっと食べたよ〜ぉ。また、チビ太の顔がいつもの表情に戻ったよ。
 犬も人間と同じようにストレスを抱えるんだなぁ〜と、実感。

 ● 2010/12/21 ・徐々にいつものチビ太が戻ってきた♪
 今日は朝からずーと、仰向けスタイルでぐっすり眠っていた。
 まるで、今までの寝不足を取り戻すように・・・約5時間目を開けても眠り続けた。
 やっと、ほっとできたのかも・・・お疲れさん
 
 ※エリザベスカラーをつけると、チビ太の足は震える。当時の恐怖を呼ぶのだろうか?
 病院と注射が嫌いなチビ太は、診察台で震えまくりなのです。
 おかしいやら、かわいそうやらで大変。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Copyright © 2008 Corgi Chibita All rights reserved