チビ太が歩く、跳ぶ、走る、そして寝る。(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)

足並み揃っているね〜ぇ♪

困った話・・??




2009.01.08  今年もよろしくお願いします。

今年も悩みは、続く。
一番、困っている話は、やっぱり食事。ドッグフードのみでは食べてくれな〜い。
人間の食事を食べたがって、飼い主はあげたがって、、駄目だこりゃ♪
昨年、一日の食事量は、180gまでいったが・・・・・、

ドックフードを食器に入れると、「 フン 」、と言う感じ、食事の場所からどんどん離れていく。
ところが、ささみをほんの少し持ってくると、ペロペロして、嬉しそうに飛び跳ねる、

色々、試行錯誤して、結局ささみをドックフードに混ぜることにした。
しかし、どうしてもドックフードをメインにしたいため、ちょっと、ほんのちょっとをチビ太の食事中に入れてあげる。一本のささみから、6〜7回分とれます。(^-^)/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008/01/10  血便の正体は…!?

10日の夜、チビ太はいつものように食事後にうんちした。すると、
「ママ、チビ太うんち付いている。」と、うんちの処理をしながら騒ぐ娘。

走り回るチビ太を捕まえた私、トイレットペーパーでうんちを拭き取ろうとしたら、取れない。 チビ太は痛いようで動いたり、キャンと泣いたり、私は動くチビ太を足と手を使って抑えながら、 「ねっ、捕まえているから、とって、」と、娘に声をかけた。

娘が拭き取ろうと…、「なんかヘンだよ、とれない。」「引っ張って、」「腸がでてきた?」と、「大丈夫、腸は出てこないから、引っ張って、」と、繰り返す。
娘はゆっくり引っ張った。「なにこれ、根っこだよ。」と、出てきたものは、約15cm位の根っこが便と共にニョキ? ニョキ、ニョキ

「もしかして、血便の正体は、この根っこ??」が〜ん。

ビックリしたけど、これで元気になる。とホッとした。
反面、この根っこは…、、庭にある花壇の中、、だとおもう…。困った、困った。
庭に出すことが恐くなった。(x_x)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008/01/21 吐いた…、(体重:6.4k)

最近では、ドックフードを170〜180gを食べると、ご褒美と称して鶏のささみや、ヨーグルトなどをあげています。 今日もいつものパターンで、180gを食べ終えると、鶏のささみをあげた。うれしそうに食べていたチビ太が急に、吐きたいけど吐けない。そんな 感じで苦しそうだった、お腹をさすりながら少し力を加えると、吐いた。

吐いたものは、食べた形のままだった。ささみも、ドッグフードの粒も、
食べさせすぎ? それとも体調悪いの?
庭にて遊ぶ…、まだ、お腹の中に何か入っている??

心配はつづく、、、アハ(まるで、初めての子育てだ、(^^ゞ)
食べさせすぎはダメ、と言った動物病院の先生の言葉が…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007.12.02 ・・・ リードと散歩

■ リード事件。
  散歩に連れて歩きた〜い、そんな思いからペットショップ回りを始めた。
  気に入った首輪とリードを手にするまでに・・・・、やっと手に入れた首輪とリードだった。
  それなのに、それなのに、チビ太は拒否、きょひ、キョヒの行動を見せた。
  部屋の中でチビ太を捕まえて、付けてみると。
  「かわいい」 「似合う、似合うよ」 と、家族の声が飛び交った、
  ・・・・・ が、・・・
  チビ太は座り込んだ。ビクともしない。   「イヤだって、」 と、家族の笑い声が響いた。

  ●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●

■ やっとリードに慣れた。

2007.12.2-写 よっし、公園へ行こう。と声が揃い、車に乗り込んだ。
散歩が出来るようになったが、リードを付けると、今一元気がない。
でもね、ほんのちょっと理解してくれた。以前は、リードと首輪を見ると逃げ回っていたのに、今では、リードと首輪は散歩へ行くよ、の合図になったようで、じっと座って待っている。 まるで、「早く行こう♪」と、チビ太がいっているように、かわいい〜よ。

←ネッ♪ 下の写真はリードを外した時の表情。
めちゃ嬉しそう、こっちが嬉しくなっちゃう

チビ太を見ていて、「自由に走らせてあげたい、せめて庭で…、」と、家族の思いを乗せて、日曜大工センターで簡単に設置できで簡単に外せるものを探した。そして、道路との境に置いた。

その後、チビ太を庭に出してみると・・・、歩くこともままならず。 怯えていた。
そんなチビ太を見ていた主人は、「臆病だなぁ。」 と、言いながら笑っていた。

その後は、チビ太を庭に出す作業が数回繰り返されて・・・、数日が過ぎた。
そんなある日、、主人の笑い声が、庭から聞こえてきた。その声に誘われた私は庭に出た。

なんと、なんと、主人の花壇にチビ太が入り込んで走り回り、飛び回り、穴を掘っていた。
主人は、嬉しそうに見つめていた。また、その時のチビ太の表情は土の中へ向かって吠えたり、何かを食べているような? 、、と、めちゃ嬉しそうなチビ太がいた。

私の顔もほころんだが、「ねっ、大丈夫? 食べているよ。」なんて心配が過ぎる。
「大丈夫だよ、遊んでいるだけだよ、食べてないよ。」と、満面な笑みで応えた主人。

チビ太は花壇の中で走り回るのが大好きになった。

私の心配は増えた。(x_x)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





Copyright © 2008 Corgi Chibita All rights reserved