相談室・慢性ショック・心の傷・トラウマ・分析・気になるNews・心のケア・実話・家庭内暴力・児童虐待・虐待・離婚・再婚・親と子・子育て

HOME対処法(心のケア)◆>>はじめに

対処法(心のケア)をテーマに / トラウマケアの第一歩は、

トラウマケアの第一歩は、

トラウマケアの第一歩は、
 トラウマを「回避しよう」と思うのではなく「対処しよう」と思うこと。

   こんな言葉を聴いたことはありませんか、
   「イヤなことは忘れて、新たにスタートだ」なん~て、
   一見、前向きの言葉に聞こえますが、これこそが「回避」になっているのです。

対処とは、
 例えば、0点を取った答案用紙を見つめて「無かったことにしよう」と思っても、
 次のテスト結果が過ぎり勉強しようと思う。この考え方こそが「対処」なのです。

 心の傷は目に見えない分、たぶん勉強よりも難しいです。
 目に見えないから、一見、治ったように思えても、
 心の底に潜んでいるのが、心の傷なのです。

人生は切りきざめない、過去があるから今がある、そして未来へ続く。

 ところが、思い出したくない過去を持っていると、切り刻みたくなる。
 でも、そう思うのが当たり前・・・ですよね。

 もしも、心に傷を持っていたら、誰だって、
 避けたい。逃げたい。誰にも言いたくない。無かったことにしたい。と思うモノです。

 それでも、ここでは、対処を考えていきます。
 なぜならば、人生は繋がっているからです。

 どんなに辛い過去があっても、残したい想い出があると思います。
 もしも、消したい過去に封印をすれば、楽しかった過去までも消してしまうのです。

 人は過去の学びがあるから、現在の学びを生かすことが出来るのだと思います。
 人生経験は、とても貴重なモノ、そして、あなたにしかない経験なのです。
 大切にしたいものです。

 だからこそ、学んだ事を全て引き連れて未来へ向かいましょう。
 この未来は、もしかして、生まれ変わった・・・時、なのかも知れません。

「人は、何度も何度も生まれ変わる」。そして、「生きている時に未来の人生が決まる」
     つまり、生きている現在で自分の人生を修正しなければ、
         生まれ変わった未来の人生でも同じ道を歩く

「前世療法Ⅱ」ブライアン・L. ワイス,の本を読んで、忘れられない文章の1つです。

生まれ変わっても現在と同じ人生を歩む」、
この言葉どのように思いますか、私は衝撃的でした。 なんせ、自分の人生を2度と歩みたくない、と思っているので、 だって、この世が嫌になってこの世を去りたい、と思ったから。 それなのに、それなのに、ですよ、この世に生を受けてしまうんです。 もっと残酷なのが、生まれ変わっても同じ道を歩く、なんて、もう、笑うっきゃないでしょ。ねっ。

それなら、逃げられないのなら、未来の自分のためにも、自分にまつわる人たちのためにも、 今、現在を、頑張るっきゃない・・・ですよね。。
今生きているのは、未来の人生のため・・・かもです。仕方ない・・、 今を生きようと思った。自分の足で歩き、現在の人生を変えていこうと・・、 だって、人生を修正出来るのは、この世にいる時だけ・・・との事です、頑張るっきゃないでしょ、

あなたは、信じますか・・・・私は信じたい、信じます。
未来の自分は未来の自分に関わる人たちの人生は、もしかして、私が、自分が、握っている・・、のかもです。 みんなで幸せになりたいです、ハイ

ゆっくりでいい、ゆっくり、一緒に歩きませんか。

■ Copyright © 2002 慢性ショック・相談室 youalive.com all rights reserved ■