相談室・慢性ショック・心の傷・トラウマ・分析・気になるNews・心のケア・実話・家庭内暴力・児童虐待・虐待・離婚・再婚・親と子・子育て

増えるDV、保護は低調・・・、読んで、  毎日新聞2017年4月21日

夫や恋人からの暴力「ドメスティックバイオレンス(DV)」を受けた女性を保護する婦人相談所の一時保護所の入所率が、35.2%(2015年度)にとどまることがわかった。
ところが、DVの検挙数は最近10年で5倍以上に増えている

警察庁のまとめでは16年のDV検挙数は、8291件で、06年の5.4倍に達した。
(※DV相談件数、平成29年:8421件)

相談件数、女性:4,550件(平成27年) 7,005件(平成29年)
     男性: 421件(平成27年) 1,416件(平成29年) 過去4年男性の被害者が増加

死んでから対応するのは保護施設ではない、警察の仕事だ。(ムッとした)

婦人相談所・・相談員の心ない言葉

①「夫のことは空気と思えばいいじゃない」
②「腕の骨を折ったぐらいでは一時保護所には入れません」
③「あなたにも悪いところがあるんじゃないの。
       生活保護や児童扶養手当のために偽装離婚したいんでしょう」

「どうよ、相談に行けば、上記のような心ない言葉が返ってきたら・・」
「困った問題です、でも、、これからもっと増えるような気がしてならない・・・」

「うん、私も・・心配・・、政府が望む共稼ぎ家庭が増えたとき、24時間という時間の中で、 自分への時間をどのように作るか、この作業によって家庭の平和が守られる・・と、思う」

「もしもし、意味が分かりません。」
「あっ、ごめん。例えばよ、夫婦が全ての作業を分担出来るのであれば・・、一番良い」
「そうか、色々騒がれているけど、現在でもご主人は自分のことだけ・・、という家庭はたくさんあるもんね。奥さんの不満はよく耳にする。“結婚すると男って代わる?” なんてね」

「共稼ぎ、だけでも、奥さんの仕事は増加、そこに子供が生まれ、出産後も奥さんは仕事。 奥さんだけが仕事が増える・・、誰が、軽減してくれるのだろうか・・という事です。」

「そして・・お互いの親の面倒(介護)も、含まれたら・・うわ~、考えたくないんですけど。」
「だよね、、わかる、わかる、で、どうする?」

「どうしよう・・・」

家庭円満・・を望むならば、ご主人の協力が不可欠だね。」
「だよね~」
専業主婦でも、ご主人が協力してくれるといいよね。」
「うん、うん」
「だってさ、奥さんが、万が一、寝込んだとき、ご主人が無関心なのは・・頂けない」
「そのためにも、日頃の行いがものを言う・・、だよね。」

「ところでさ、共稼ぎの元を探れば・・お金の問題だよね・・たぶん・・。」
「うん、でも出来ることならば、3歳までは、主婦専業でいきたいね。」
「子供のためにも・・」うんうん

「収入が安定していれば、増えていけば・・、貯金も出来るだろうしお金には困らない。」
「そうだね、最低条件だよね、子育てするにもお金がいるし・・ね」
「現実感あふれすぎ」(^^)v

「でもさ、お金があれば、万が一、子供が虐めや登校拒否など、子供の悩みや問題が起きたときに、奥さんは仕事を辞めることが・・」
「ちょっと、待って、だから、女はダメだ、なんてレッテル貼られちゃうんじゃない。」

「だね・・、でもさ、仕事を取るか子供を取るかの問題が起きた時、子供を選んで欲しい」
「そうだよね、小さな胸を痛ませたままじゃ・・可哀想」うんうん

「何か問題が起きると、家庭内も不安定になるし、自分の時間も取れなくなる」
「すると・・・家庭内暴力へ発展してしまうかも・・」

「ちょっと、待て。先がくらい話は、悲しいぞ」
「だよね、ごめん」

「暴力で、解決できないんだから、その時の感情にまかせることだけは、止めて欲しい」
「ほんとうだ」

「悩んで悩んで・・・相談に行くんだから、行くにも、勇気を振り絞って・・ね。」
「マジで、この思い受け止めて・・だよね。頼むから面倒くさがらずに向き合って欲しい・・」

「ほんとうだよね、問題解決の道を一緒に考えて欲しいね。」
「どうすれば、いい?」

「例えば、被害者宅へ行き家庭の様子を自分の目で確かめ、また加害者の話も聞く・・、
暴力を振るい始めた時こそ、第三者の力が必要・・だから。」

「被害者にとって家庭内暴力は、“逃げ場がない”、これこそが地獄なのです。
DVに怯えている人は、助けを求める事にも、家を出る事にも、膨大な勇気が必要。
被害者に寄り添い、共に、問題解決の道を・・模索できないのだろうか・・」

「そうだよね、ほんとうに・・」

※DV防止法の問題点・・は、一時保護の定義や期間の具体的な規定はない
              緊急の保護が必要かどうかは、婦人相談所が判断する

被害者支援は各自治体の裁量に委ねられ、地域格差が生まれている
婦人相談所は緊急性の判断が厳しく、保護のハードルが高い

■保護されない人の例を自治体に尋ねると、
 「病気がある人」「規則が守れない人」「身辺の自立ができない人」など。

■一時保護を断られる女性は、
 「子供の数が多い」「一定年齢以上の男児を同伴」「精神疾患や発達障害をもつ」
 (男児が敬遠されるのは女性が集団生活する場で男性にいてもらいたくない・・と。)

■実例として「退所後の生活の見通しがつかなければ、保護できない」
      「妊娠しているから、保護できない」「子供が5人いるなら、保護できない」

一時保護所への入所を断られたケース(シェルターや支援団体の聞き取りから)

  【被害女性の訴え】           【相談員の反応】
跳び蹴りされ大腿(だいたい)骨を折った「歩けないなら、集団生活が困難」
腕を骨折させられた          「初めての暴力、大目にみてあげて」
出産直後に暴力をふるわれた      「偽装DVが増え、受け入れられない」
高校生の息子を同伴したい       「子供と離れられないなら、入所できない」
DVで逮捕された夫の保釈が怖い    「家にいれば安全、保釈されたら来て」
臨月でも暴力をふるわれる       「所持金がなければ、入れない」

「命に別条はないでしょう」と、認められないケースが多い。
 生きるか死ぬかのラインでないと一時保護しない実態がある。

10年以上、現場でDV相談を受けている相談員の話

首を絞められた痕や殴られた痕がある女性は入所しやすい。 しかし、精神的に追い詰められるモラルハラスメントの場合は見た目では分からず「相談員の知識や資質によるところが大きい」

また、相談員がDV加害者に待ち伏せされたり、嫌がらせを受けたりするケースもある。
危ない仕事の割に賃金は月15万円ほど。心のケアも不十分。よって、相談員がよりよい環境で
仕事ができれば、もっと被害者に寄り添えるのでは・・・と。

「確かに・・そうだよね・・相談員の方も命がけだよ。」
「うっ、思い出した、私、言われたことがあるよ。
子供が生後5ヶ月頃、父親の暴力から子供を守りたくて、家を飛び出したんだ。でも、行くところがなくて・・ そしたら親がね『家に殴り込んできたらどうする、出て行って』と・・笑」

「ちょぃまち・・笑えるか~」
「だよね、でも、その言葉に考えさせられた。一理・・あると」

「それでも、頼みたい。一時的でも被害者は加害者と離れないと、 先が見えない、先を考えられない。だから、どこかに身を寄せたい、とめてくれ~」(^^)v

「それで、空歩は、どうしたの?」
「えっ、私は子供と共に、一時保護所から母子寮へ・・・、
新聞を読んでいて、私は恵まれていたのだろうか・・と、思った。」

暴力を受けているあなたへお願いがあります。

自分の手で収入を得て貯めて下さい、まず、ここからスタートかも知れません。
もしかして、加害者の行動が態度が変わるかも知れません、
そして、被害者のあなたの気持ちにも変化が現れるかも知れません。

まずは、金銭的に自立の道を、すると精神的にも自立の道が見えてくると思います。 実は、知り合いに暴力を受けていても逃げる事を考えた事も無い人が、仕事を始めて1年が過ぎると・・家を出ました、 暴力を振るうご主人の元を離れて冷静になり、話し合いの末に離婚でしたが、この逆も考えられると思います。まずは被害者と加害者が対等になれば、新しい道が生まれる可能性があると、思います。

離婚を勧めているのではありません、被害を受けている方は、自立も奪われているのです。 もっと、もっと、自分を大切にして欲しいのです。本気で “現状を変えたい” “安心が欲しい” と願うのであれば、自分を自分の力で育ててみませんか・・、まずは、自分の手で収入が得られる事を知って欲しいです、きっと、何かが変わる。

■ Copyright © 2017 慢性ショック・相談室 youalive.com all rights reserved ■