相談室・慢性ショック・心の傷・トラウマ・分析・気になるNews・心のケア・実話・家庭内暴力・児童虐待・虐待・離婚・再婚・親と子・子育て

悲しみと共に /大切な人を失ったとき、第四段階は、

第四段階は「癒し」

癒しの時期の特徴

「転換期に達する」転換期は知らないうちにやってくる
「コントロールを取り戻す」人生に対するコントロールはゆっくり戻ってくる
「役割から解放される」家庭の中で役割が変化する
「新しいアイデンティティを確立する」他人に依存しない自分自身を取り戻す
「自分自身を人生の中心にすえる」自分が安定できる軸を見つける

癒しの時期の身体的な症状

「身体が回復し始める」ストレスが弱まると共に身体が回復し始める
「元気が出てくる」やる気が出てきたら適度な運動が必要
「眠れるようになる」睡眠パターンを元に戻すように努力する
「免疫機能が回復する」免疫機能が回復し病気にかかりにくくなる

癒しの時期の持つ心理学的側面

「自分と故人を許す」自分自身と故人に許しを与える。
「忘れる」忘れることは上手に思い出すこと
「意味を探す」死の中に意味を見いだす。
「円を完成する」傷を閉じ(ふさぐ)て真の癒しを得る
「未来に新たな希望を持つ」未来について考えるようになると希望が出てくる
「現実的な見方をする」理想化から現実へ

癒しの時期を乗り切るために

① 意識を自分に向けましょう、自分がふがいなく思えても前よりも少し元気になった。
② 自分の直観を信じて行動しましょう。自分で何か決めてみましょう。
③ 続けたいと思っている役割、止めることができるはずの役割を見極めましょう
④ 他人の必要を考えるのではなく自分を愛する事を学び、はじめて他人を愛せるのです。
⑤ 身体に十分気をつけて、運動と正しい食生活を続けましょう。
⑥ 思い出は、あなたの人生の妨げにはなりません、むしろ強くしてくれるはずです。
 だから、ムリに忘れることもありません。
⑦ 新しい友だち、新しい趣味との出会いは積極的に、でも、ムリをしないで、成り行きに任
 せることも必要なのです。
⑧ 悲しみから休暇を取る、故人に対しての裏切りではありません、休むことでエネルギーが蓄
 えられます。また、故人の死について意味を見いだしたり、精神を集中させることによって、
 自分の内面と向き合うことができます。
 真のあなたを発見するための大切な旅の出発点が見えてくるかも知れません。

■私たちは事態を悪化させることを恐れて『今の状態を維持する』道を選びます、が、これでは癒えません。ただ悪化させるばかりなのです。 癒やすためには『今一度、自分を人生の中心にすえる』というプロセスが必要なのです。

■「自分自身を許す」「亡くなった人を許す」この2つを行う。
「自分自身を許す」とは、愛する人の死に自分を責める罪悪感、怒り、恥の意識などの感情を乗り越える。そして今も自分が生き続けていることを許さなければならない。
「亡くなった人を許す」とは、この世を去ってしまったことで、この世に生きている私たちに、これほどまでの苦しみを与えたことについて、故人を許す必要があるのです。

■忘れることは手放す(死を受け入れる)こと、でも、愛する人を忘れることなどできません。
逆に「忘れる必要はない」と、私は思っています。故人のことを話したり、愛する人と過ごした時間を振り返りながら上手に思い出すことです。

■故人を失い「心の傷を癒やす」には、新しい人生にむかって1人で足を踏み出すこと。
この時期の身体は自然治癒を始めます。そしてプラスへの変化が新たなエネルギー源となり癒しのプロセスを促進させます。 この時期になると、食べること眠ることが整い始めて、ごく自然に免疫機能は強まります。



■ Copyright © 2002-2017 慢性ショック・相談室 youalive.com all rights reserved ■