相談室・慢性ショック・心の傷・トラウマ・分析・気になるNews・心のケア・実話・家庭内暴力・児童虐待・虐待・離婚・再婚・親と子・子育て

暴力(DV・児童虐待・虐め) /逃げられない8つの理由-⑧

⑧希望の構造

機能不全家族の中で生きていると、ごく自然に生きる希望が消えてしまいます。
それでも生きている自分を支えるには『何か、生きるための希望が必要』なのです。

     ・きっと、いつか、誰かが、救ってくれる。
     ・きっと、親は、変わってくれる。
     ・きっと、誰かが、来て、止めてくれる。

などと、叶わない希望を無意識に持ち
そして、叶わない希望と気づいても、生きるための希望として持ち続けるのです。

   通常の希望とは希望という箱の中には輝きが詰まっている「希望という光」
   叶わない希望とは箱の中に何も入っていないのに「希望」として大切にする。

■「何も入っていない、希望」を抱いて生きてきた人が機能不全家族の家を出ると、
 輝きのない中身のない空箱の「希望」を失わないために、虐待をするような男性を選び、
 同じようなストレスのかかるところに身を置いてしまうのです。

 そして「夫は変わってくれる」と思いながら「希望」を持ち続ける。
 これが希望の構造という考え方です。

なんか、悲しすぎるね、、、希望って輝く光だよね、これは暗闇じゃん・・。

体験(思い出した過去)

何か、生きるための希望が必要』 この言葉に共感してしまった。(x_x)

ほんとうにその通り、生きるためには、生きる希望が必要 なんです。
どんな人生でも、そして赤ちゃんでもお年寄りの方でも誰でも生きる希望が必要なのです。

人生を切った親の人生を歩くのは子供

両親離婚、当時3歳の私を引き取ったのは父、直ぐに再婚したが、その3年後に、今度は継母が父に離婚を要求したが・・拒否。 すると、継母は赤ちゃんを出産後に自ら命を絶った。時が流れ約3ヶ月を迎える頃に、父は生まれて間もない赤ちゃんだけを道連れに後を追った。

   この時「なぜ、私だけを残す、なぜ、連れて逝ってくれない」と父を恨んだね(笑)

親を失った私は住む家も失った。そして、厄介者となり行き着いたところは父方の祖母の家、
「なんで、私が引き取らなきゃいけないの、お前は何でここにいる、 本当ならお前なんかこの世にいないんだ、生まれていないんだ、なんでいる、死ね!」と、私を睨み付けて繰り返した。

  この当時の希望は『死』。また、この時に『自殺願望』が芽生えその後も持ち続けた。

その後は、見ず知らずの養父母に引き取られたが・・心は空しかった、人目を避けて泣く日々・・ 「私も死にたい、なぜ、連れて逝ってくれない。」と、空を見つめては心が騒いだ。

空箱の希望

当時は、そんな自分の心が分からなかったけど、今なら説明できる。

当時の私が生きるために持ち続けていた希望は『3歳の時に別れた母と兄へ、きっと迎えに来てくれる』と、決して輝くことのない希望を・・・持ち続けた。

  そんな私が、叶わない希望をあきらめると・・・『死』へ希望を託し、
  小1から小4まで・・、何度も何度も試してみたが・・死ねなかった。(笑)

■自ら死を選ぶ(自殺)ことを止めた理由、

  「死んじゃった、死んじゃったよ、私が悪い、私のセイだ。」と、
  夢の中で養母が泣き喚き、どうしよう、どうしよう、と、私の名前を呼んでいた。

養母は泣きながら、大声で自分を責め、謝り続けていた。
そんな養母の姿を・・私は宙に浮いたまま見つめていた。

「ごめん、せっかく育ててくれたのに・・ごめん、もうしない、もう死にたいなんて考えない。 あの苦しみは、誰にも味合わせたくない、私だけでいい・・」と、小4の時に誓った。

    (この時に『実母や兄が迎えに来る』『死』そんな空想の希望を消した)

■あの時の養母の姿は、親の死を目の前にして、泣きたいのに泣けなかった私の思い・・、
何年も何年もたった1人で苦しんできた私の心の声を・・代弁しているかのようにも見えた。

■大人たちは子供をバカにするな

当時6歳の私に大人たちは、何も話してはくれなかった。もちろん『自殺した』ことも・・、

その理由は「子供だから、話しても分からない、話さなくともいいだろう」と、関係者は決めた。 ところが、周りにいた大人たちの口までは・・閉ざすことが出来ない。

コソコソと話し声が聞こえてくる。
   「自殺だってよ、可哀想に、まだ小さいのに」
   「大丈夫よ、小さいから、直ぐに忘れるわ」
   「ほら、遊んでいるじゃない」などと、囁く。

囁く声は、以外にも詳細なもの、あちらこちらから囁かれる話の内容を、私は遊んでいる振りをしながら、 ずーと聞き耳を立てて聞いていた。そして・・現状を予測した。

子供は語ることが許されず、真実を聞くことも許されない。
そのために、心の傷は癒やされず、たった1人で抱え込み、時を刻んでいるのです。

■トラウマを抱える子供のために、1つ弁解すると、
 トラウマを受けた子供が遊ぶ理由は、現実を受け止めるには過酷すぎるからです。

■今だから解ること、

『死にたい』とか、迎えに来てくれるはずのない『親や兄』に対して希望を持っている間は、
何も見えない、この流れは、養父母たちの気持ちさえも考えられなかった。

過去の出来事を清算し、空箱の希望を捨てた時、始めて現状を見つめることが出来る。
養父母はもちろんのこと、学校や友だちたちのことも見えてきた。

まず、自分を見つめて、自分を認める、事から始まるのは、確かです。
ここからスタートですね、一緒に歩きましょう、ねっ。

今は、養父母たちに会いたい、6歳から育った地が恋しい。
今では、返るところがないから・・、かなり寂しい。(x_x)

■ Copyright © 2002 慢性ショック・相談室 youalive.com all rights reserved ■