相談室・慢性ショック・心の傷・トラウマ・分析・気になるNews・心のケア・実話・家庭内暴力・児童虐待・虐待・離婚・再婚・親と子・子育て

暴力(DV・児童虐待・虐め) /逃げられない8つの理由-⑧

逃げられない8つの理由-⑧希望の構造

8)希望の構造

機能不全家族の中で生きていると、ごく自然に生きる希望が消えてしまいます。
それでも生きている自分を支えるには、“何か、生きるための希望が必要” なのです。

「きっと、いつか、誰かが、救ってくれる」「きっと、親は、変わってくれる」「きっと、誰かが、来て、止めてくれる」などと、 叶わない希望を無意識に持ち、そして叶わない希望と気づいても、生きるための希望として持ち続けるのです。

  通常の希望とは、希望という箱の中には輝きが詰まっている、「希望という光」
  でも、叶わない希望は、箱の中に何も入っていないのに「希望」として大切にする。

そんな「希望」を抱いて生きてきた人は、この機能不全家族の家を出ると、 輝きのない中身のない空箱の「希望」を失わないために、 虐待をするような男性を選び、同じようなストレスのかかるところに身を置いてしまうのです。

そして「夫は変わってくれる」と思いながら「希望」を持ち続ける。
これが希望の構造という考え方です。

なんか、悲しすぎるね、、、希望って輝く光だよね、これは暗闇じゃん・・。

体験/思い出した

何か、生きるための希望が必要” この言葉に共感してしまった。(^^)v

ほんとうにその通り、生きるためには、生きる希望が必要 なんです。
どんな人生でも、赤ちゃんでもお年寄りの方でも誰でも生きる希望が必要なのです、ネッ。

当時3歳の時に両親離婚、3歳の私を引き取ったのは父、そして再婚、新しい家族が出来た、と思ったのはつかの間、 その3年後に継母は赤ちゃんを出産し、自ら命を絶った。そして、約3ヶ月を迎えようとしていたときに、父は生まれて間もない弟を道連れに後を追った。

(なんて、勝手な親なんだろう、ねっ)


親を失った私は住む家も失った。そして、厄介者となった私は、大人たちの都合で転々と振り回された後に、 父方の祖母に引き取られました、が、この場所は私にとって究極の場所、私の居場所なんて有るわけが無かった。祖母は私を目にすると、
「なんで、私が引き取らなきゃならないの、お前は何でここにいる、ほんとうならば、お前はこの世にいないんだ、なんでいる、死ね」と、繰り返し続けた。

その当時の私は心の中で「なぜ、私も連れて行ってくれなかったの、お父さん」と、怒りと悲しみと恐怖にまみれて、人目を避けて泣いてばかりいた。 この当時は『死』が希望だった。

その後は、見ず知らずの養父母に引き取られたのに、寂しくて悲しくて「死にたい」と、自殺願望の元に未遂を繰り返した。 この当時は『迎えに来て、お母さん、お兄ちゃん、どこにいるの、迎えに来て、きっと、きっと、来てくれるよね、私はここにいるよ』と、 母親と兄に希望を託し、いつも空ばかり見つめて、空に希望を乗せて何度も何年も願い続けた。

今だから解ることは、
「死にたい」とか、迎えに来てくれるはずのない「親や兄を慕っている間は」、
何も見えない、養父母たちの気持ちも何も見えない、何も考えられなかったのです。

この気持ちから離れることが出来たとき、
はじめて、自分の周りにいる人たちのことや、気持ちを考えることが出来るようになった。

当時3歳から始まったトラウマは、小学4年の頃まで続いた。
生みの親や兄への望みを消したとき、養父母たちの思いが少しずつ見えてきたのです。

だから、まず、自分を見つめて、自分を認める、事から始まるのは確かです。
ここからスタートです、一緒に歩きましょう、ねっ。

■ Copyright © 2002 慢性ショック・相談室 youalive.com all rights reserved ■