虐待死のニュースは本当に辛いです、周りの大人たちが気づいても、一度は保護しても、救えない子供の命、なぜか、それは大人目線のせいです。

⑤ 車(類は友を呼ぶ?)

悠季と再会し、一週間の旅を終えると「早く帰って、ゆっくり休みた~い」の思いを乗せた車は快適に加速する。 見慣れた景色が窓の外を流れると会話が弾み笑い声も弾んだ。

ホッとする心に包まれていると・・向かってくる風が不安を連れてきたのか、
突然、もやもやした恐怖がまとわりついた、そのとき、未夢の携帯電話が騒いだ。

『偽善さん、ヤダ、』の思いが、反射的に携帯電話を放り投げた『早く切れろ、切れろ・・』と、遠目から念を送り続ける未夢、 その念は届かず、一向に鳴り止まない・・、諦めた未夢の視線がゆっくりと着信画面を・・覗く・・「美也ちゃんだ~ぁ」ホッとした声を飛ばす。

電話を切った未夢は慎也と悠季に「電波の感度が悪くてよく聞き取れなかったけど『ご主人に追い出された?』みたいな事を言って『迎えに来て』って、言ったような気がする、訳分からないけど取り敢えず行ってくるわ。」と、簡単に電話内容を伝えた。

そうして20分が過ぎると借りているアパートの駐車場に着いた、
フゥーと、未夢が吐いた息はほんのり秋、空を見上げるとキラキラと光り輝く星・・

「きれい・・」と、思わず声をもらす未夢、
「早く、行かなくてもいいのか? 俺が部屋の中へ荷物を入れておくから行ってこい。」
頷いた未夢は、まだ星を見つめていたかったけど・・、

「うん、じゃぁ、後よろしく」と、言葉を残し、悠季と共に車に乗り込んだ。
車を走らせて約1時間が過ぎると、指定されたコンビニの駐車場に着いた。

其処には、美也ちゃんが1人で立っていた。
車を降りた未夢と悠季が美也ちゃんの処へ歩み寄り、

「美也ちゃん(当時33歳)、1人? 子ども達は?」と、声を掛けた未夢、
「子ども達は大丈夫よ、 (いきなり怒る)
私が家に帰ると、いきなり殴られて追い出された。何が何だか分からない・・、
まだ、家を出たくはなかった・・・」と、逆上したり、沈んだり・・。

そのとき、美也ちゃんの携帯電話が鳴り、約15分後に電話を切ると、

「弘平(当時中学3年・長男)からだった。それで精(当時5歳・長女)を連れて家を出たって、
今、コンビニの駐車場に居るんだって、悪いけど一緒に廻ってくれる?」

美也ちゃんの指示の元、車を走らせて数分後にコンビニ着くと、
しっかりと手を繋いだ2人の子どもの姿を、ヘッドライトが映し出した。

車を止めると、神妙な顔をした弘平君が精ちゃんの手を引いて、まるで、車の進行を止めるように前に立ちはだかった。そんな子ども達の切羽詰まった思いが伝わってくるのに、美也ちゃんはゆったりとシートベルトを外し、ゆったりと車から降りた。

『ふぅー』と、ため息をついたのは、未夢、悠季の手を握り反対方向へ歩き出すと・・、
突然、美也ちゃんの怒鳴り声が響き渡った。

「どうしたの?」と、3人の元へ駆け寄った未夢、
「『お父さんは?』って、精がいうんだもん! 頭にきちゃう!
私が殴られている時だって、この子は助けてもくれないのよ。」と、ヒステリックに怒鳴る。

『おいおい、助けるのは子どもじゃなくて、親だろう』と、声を呑み込む未夢。

「そんなにお父さんが好きなら、あんただけ帰んなさいよ!」と、感情が飛ぶ。
「怒らないで」と、未夢が言葉を挟むが、

美也ちゃんの視線は精ちゃんへ、精ちゃんの視線は美也ちゃんへ、飛ばし合っていた。

「この子はお父さんが大好きなのよ、精の味方はお父さんだもんねっ。」
皮肉たっぷりに飛ばす物言いは、まるで嫉妬心から燃やす炎をイメージさせた。

「えっ、お父さんが好きなのは、弘平君でしょ」
美也ちゃんと精ちゃんの睨み合いを、引き離したい未夢が言葉を挟んだ、が・・。

「今は違うのよ、弘平が私をかばった時から、この子も殴られるようになったの。
この間は、酷かったのよーぉ。」と、

話は未夢へ、視線は精ちゃんへ、2人とも微動だせずに睨み合っている。

「えっ、あんなに可愛がっていたのに・・そんなに変わっちゃうものなの・・」
愕然とする未夢、お父さんが弘平君を溺愛してる姿を何度も目にしていた。

「今では、『私に似ている』と言って、弘平が殴られている。」

美也ちゃんの話に言葉を失う・・、未夢
未夢の頭の中では『お父さんと弘平君の姿を・・』無意識に『悠季と偽善の姿へ』重ねた。

鳴り止まない美也ちゃんの怒りは・・コンビニの駐車場に鳴り響く。

「とりあえず、ここを離れよう、私の家へ行く?」
美也ちゃんが頷く。

⑥ 暴力と借金

車を走らせて1時間・・その車の後を付いて来たのは美也ちゃんが運転する原付バイク、そんな美也ちゃんを心配する子供たちは、ずーと、後ろを見つめて未夢に声をかけ続けた・・。

『やっと、着いたね』の思いを忍ばせる未夢。

「ただいま」と、玄関ドアを開けた未夢。
「おっ、」寝転んでいた慎也が起き上がると美也ちゃんに「どうも」、
「こんばんわ」、明るく美也ちゃんの声が返った。

靴が6足くらい並ぶと1杯になる狭い玄関に、美也ちゃん家族で埋め尽くされ、小さな精ちゃんの姿が見えない・・ すると、美也ちゃんの後ろからひょこんと顔を出す精ちゃんの視線が、慎也の姿を探す・・「にこっ」と笑みを浮かべた精ちゃんは、慎也の元へ飛び込んだ。
そのとき、
笑みをこぼした悠季が精ちゃんの後を追う。
6畳の部屋はあっという間に3人の輪ができ、笑い声も響かせた。

玄関に取り残された2人に未夢が再び声をかけると、美也ちゃんはキッチンテーブルに、弘平君はキッチンと6畳の部屋を区切る仕切りの上に座り込んだ。

「何か飲む? ジュースもあるよ。」と未夢が声をかけると、ちびちゃん2人が、即、反応した。それぞれに飲み物をわたし、未夢は美也ちゃんの向かいに座った。

「どうしたの? ご主人に追い出された・・とは?」と、口火を切ったのは未夢、
すると、
「私ね、自己破産をしたの。」  『えっ・・』と、声を詰まらせる未夢、

美也ちゃんから発せられたストレートな返事に・・・戸惑う。
無言の空気が流れると、重い空気が未夢の口を動かす・・

「珈琲、美味しいね・・、そうか、自己破産、かぁ・・、(ここで止めとけばいいのに)
それでいくら借金を作ったの?」と、

『余計な事を・・』と、自分の言葉に呆れる未夢、
ところが、

「変なところから借りたんじゃないのよ、
銀行のカードローンなどから借りて・・、借金を重ねて・・、合計が200万円になったの、
その明細を旦那に見つかって、追い出された。」と、口を閉じる。

美也ちゃんの微妙な言葉の使い方に違和感を持つ未夢、
でも『当たり前か、言いたくないよね』と、未夢は自分へ言葉を返す。

「そうか・・、一度、借りると、返済に追われて借金は増えちゃうよね・・、
それで、何に使ったの?」と、再び、余計なことを問う自分に、頭を抱える未夢、

『ムリに話さないで・・』と、美也ちゃんに届かない未夢の思いが流れる、
そのとき、美也ちゃんの声が聞こえてくる・・・。

「私、何も買っていないのよ、全部生活費なの・・・食事とか・・・」と、
返事は直ぐに戻すが、下を向き言葉を詰まらせる。

美也ちゃんが話す態度に疑問を持ち続ける未夢、
それでも、美也ちゃんを肯定する言葉が浮かぶ、

「そうだよね、例え収入が減っても、今までの生活ランクを落とすのは、難しいよね、
それに・・、旦那には言いづらいし・・、そっか、生活費に入ったんだ。」

「そうなのよ、 (嬉しそうに応える)  でもね、まだ隠している事があって、
私ね、いずれは別れようと、考えてはいたけれど・・、今は、別れたくはなかった。」

語尾を強めた美也ちゃんの話し方に、未夢は『えっ、私が悪いの?』と・・、
この思いは未夢の口を封じた、すると、美也ちゃんの口も閉じられた。

キッチンテーブルに座る2人の口が閉じられると、重い空気がのし掛かる。
その空気から逃げるように未夢の視線は、6畳の部屋と時計を見つめた。
すると、もうじき午前2時・・、慌てた未夢、

「ごめんね、布団、敷こうね、眠いよね、」と、悠季と精ちゃんに声を掛けた。
「ごめん、シングル布団1組しかない、上下とも並べて足りない分は座布団でいいかな」と、
未夢の視線は美也ちゃんへ伸ばした。

「いいよ、何でも、寝られればいい」と、美也ちゃんの声が流れた。
「これでどうかな? みんな寝られるかな・・」と、声を掛けると、

悠季と精ちゃんは、6畳の部屋に敷き詰めた布団に喜び、コロコロと転がり廻る、
そんな2人は、ふざけ合っている間に眠りに就いた・・・おやすみ。

「これから、どうするの?」と、美也ちゃんの前に座り直した未夢の口が開く、
「行くところがないから、暫く泊めてくれる?」と、即答、直視。

「いいよ、狭いけど・・」と、応えた未夢は美也ちゃんの勢いに押された。

■ Copyright © 2019 慢性ショック・心の病・心のケア youalive.com all rights reserved ■