子どもが親に気を遣う時って、どんなとき? 隠し事をした時? 嘘をついた時? 怒られる叱られると判断した時に、気を遣うのだろうか?

⑩ 子供が親に気を遣う? お尻フリフリ♪(岩手での生活)

親のご機嫌伺いをする子供、そんな子供は親へ恐怖を抱いているかもしれない、

朝を迎え、今日もいつものように慎也は会社へ、未夢は洗濯も終わり、ちょっと休憩、壁にもたれるように座り込むと、窓から窓へ流れる秋の空気に・・身を寄せた。

  精ちゃんがいる時は、悠季も競うように何でも食べてくれたのに・・じゃぁ、
  なんで食べようとしないんだ? そういえば悠季と慎也の距離が縮まったの
  も、精ちゃんのお陰だ・・と思いを馳せていると、

悠季がトイレから出てきた。

「ママ~」と、悠季の声、目を開けるとクルッと180度回転した、
「お尻フリフリ♪ お尻フリフリ♪」と、小さなお尻が小気味よくリズムを刻む。
「かわいい~」と、その動きに便乗するように、未夢の楽しそうな声が重なる。

  揺れるお尻、お尻を追いかけて白い物も揺れる、
  その全てが、まったく違和感なく、未夢の視線を釘付けにした。
  キャッ、キャッ、喜ぶ未夢を楽しませるように、悠季のお尻が揺れ続く。

「ねっ、お尻と一緒に白い物が、ひらひらと揺れているよ。」と、
未夢の声で、振り向く悠季に、
「トイレットペーパーがパンツに挟まっているよ。」
「大丈夫」と一言返し、再び『お尻フリフリ♪』をする。

『大丈夫』の言葉に疑問を持った、未夢、

「どうしたの? パンツ、濡れちゃったの?」
「うん、でも大丈夫、こうしておけば冷たくないから。」と、お尻を動かす。
「悠季、いいんだよ、パンツを履き替えて、ねっ。」と、呼びかけた。

振り向いた悠季の顔は、とても不思議そうに“キョトン”としていた。
「いいの? 偽善さんは『洗濯物を増やすな!』って、怒ったよ。」

「うん、いいんだよ。ほら、悠季はパンツをいっぱい持っているでしょ。
だから、パンツも悠季に履いて欲しい、と思っているよ。
ねっ、パンツが濡れちゃった時は、交換してあげてね、
パンツだって、タンスの中に入っているよりも、
悠季が履いてくれる方が、喜ぶよ、ねっ。」

顔をほころばせた悠季は、ニコニコしながらタンスの前に駆け寄った。
引き出しを開けると、「どれを、履こうかな~ぁ。」と、声を弾ませた。

未夢がテープルの前へ移動すると、パンツを履き替えた悠季が隣に座った。
(当時の悠季が好きな食べ物は、お菓子とジュース、食事が嫌い・・(>o<))

「何が食べたい? おいしい物が食べたいね♪」
「保育園で出た、お弁当、おいしかったよ。」と、嬉しそうに微笑む。
「そうか、保育園では、お弁当がでるんだ。」
「うん、悠ちゃんは楽しみだったんだ~ぁ。おいしいんだ。」と、

顔をキラキラさせて話す悠季の思いは、
心の底から楽しみにしている事が伝わってきた、が、未夢に疑問を持たせた。

「家では何を食べていたの?
お腹が空いた時は、どうしていたの?」

「冷蔵庫の中に、かまぼこを見つけたから『お腹が空いた』って、偽善さんに言ったんだ。
そしたら『これでも食っていろ』って、バターを出された。」

「えっ、『バターを食べろ』って、言われたの?」
「うん、ソースも食べた事があるよ。」

にこにこして応える悠季の顔と笑み、対照的な顔をした未夢の口は閉ざされた。

「バターも、ソースも、おいしかったよ♪」と、
まるで未夢の気持ちを察するように、悠季が未夢へ微笑む。

「悠季、ちょっと待って。
あのね、バターもソースも確かに食べ物だけど、そのまま食べる物じゃないんだ。
お料理に使ったり、パンを焼いた時に付けたり、おかずに掛けたりするもので、
調味料っていうんだよ。
たぶん、この時の悠季は、お腹が空いていたから、おいしい、と思えたんだよ。
でもね、もう食べないで、身体を壊しちゃうよ。味が濃いからねっ。」

未夢は悠季が学んだ情報を必死に修正していた。
そんな未夢に頷いた悠季は、疑問が湧いた、それとも・・

「どうして、かまぼこがあるのに、バターだったんだろう?」と、首を傾げた。
「なぜだろうね、バターよりも、かまぼこの方が、おいしいのに、ねっ、」
「うん、悠ちゃん、かまぼこ、スキだもん。」

ニコニコと応える悠季の笑顔は、未夢に切なさを運んできた。

『かまぼこは、偽善が酒のつまみに食べていた、1品だ』・・ムッ、
過ぎらせた未夢、話を切り替えたくて保育園の話に戻す、

「そうか、保育園ではお弁当が出るんだね、良かったね。美味しそうだね♪」

「うん、楽しみなんだ。
でもね。たまぁ~に、お弁当を持っていく日があるの。
その時は、偽善さんに『お弁当を作って』って、言うんだけど、
寝たふりをして起きないんだ、いつもは早く起きているのに、

保育園にお弁当を持っていく日は、いつも、寝ている振りをするんだ。
どうしてなんだろう?」と、再び首を傾ける。

「それで、悠季は、どうするの?」と、答えを避けて、未夢が問う。
「お弁当箱を持って、お母さんのところへ行くの、そして、作ってもらうんだ。」

応えた悠季は、未夢から期待する答えがもらえない事を悟り・・側を離れた。
知ってる、朝は5時に起きる事を、お弁当を作らない偽善も・・知っている。

「そっか、良かったね、お母さんに作ってもらえて、本当に良かった・・ぁ。」

悠季の背中に声を飛ばす未夢は、岩手での生活を垣間見ていた。

話し合いの時に、偽善の家で未夢が目にした物は、キッチンテーブルの下に、少し大きめの段ボール箱があり、その箱の中に、お菓子やジュース・カップ麺などが、のぞいていた。

これが、食事に対する興味をなくした原因で、今の悠季を作り上げた流れだった。

■ Copyright © 2019 慢性ショック・心の病・心のケア youalive.com all rights reserved ■