心の傷は心の中から外へ吐き出さなければ心は救われない。理解をしてくれとは言わない、ただ、辛い気持ち、悲しい気持ち、恐怖などの思いに寄り添ってもらいたい。

傷ついた子どもの心/虐待の後遺症と対処法

「子育てに悩みを抱えていませんか?」   「子育てを楽しんでいますか?」 
もしも、子育てが辛いと感じたら、もしかして『自分の人生が重なっていませんか?』

子育てに悩んでいる人に、暴力を振るってしまう人に、何らかのお役に立てれば幸いです。
みんなで幸せになれますように・・・、願いを込めて、

▶ はじめに

当時、シングルマザーの未夢と良太が暮らす家に、突然、偽善がやって来た。

「借金して家賃代も滞納し、追い出された。住むところが無いから入れてくれ。」と偽善。
「何でアイツがいるんだ、ここは母さんと俺の家だろう」と、良太が怒る。
「お金がないんだって、住んでいたところも追い出されたんだって・・、」と、未夢。

偽善が住み着いて約1ヶ月が過ぎると、暴力が始まった。
未夢は『早く出て行け』と、心に秘めていたが、言えず・・・・・・・妊娠そして出産。

----------------------------------------------------------------------------------------------

未夢は偽善に「暴力は止めてくれ」と、繰り返し訴え続けたが、止まらなかった。
そんな偽善は「暴力は振るっていない、ただのじゃれ合い、からかい、楽しく行こう」と言う。

暴力を暴力とは、理解していない偽善。
そんな偽善に「暴力を止めてくれ」と言っても、何も届かない。
未夢は、そんな偽善に振り回される時を刻む。

ある日、昨夜の残骸を片付けていた、未夢へ、
 「昨日もケンカしたんだ、ヒデェーなぁ、 なんだ、この部屋。」と、笑う良太。
 「もう、片付けるの、やんなっちゃったぁ・・。」未夢のぼやき。

 「なっ、“別れたい”って、考えているだろう。  (未夢がニコッ) 
  もう少し我慢しないか、俺、こう見えても、寂しかったんだ。
  母さんが仕事へ行って、帰ってくるまで、俺、1人だったろう。
  そんな寂しい思いを悠季にさせたくない。だから、もう少し我慢しろよ、なっ。

  それに、友だちは母親が居るのヤダと言うけど、
  俺は、母さんが家にいてくれるの、嬉しいんだ、だから、なっ。」

バイトから戻った良太は、未夢をなだめるように話す。

その良太が18歳の年に、突然、事故に遭い、この世を去った。
良太を失った未夢は『死にたい』の思いに呑まれたままま・・・『偽善と離婚』。
「死ぬなよ」と未夢に声を掛けた慎也。

----------------------------------------------------------------------------------------------
   離婚当時、悠季3歳と偽善44歳は岩手へ。 未夢43歳は慎也37歳と長野へ。
----------------------------------------------------------------------------------------------

生きる望みを失った未夢に、慎也は良太の話を聞き、思い出を膨らませた。
そんな慎也の思いは、未夢が自分を取り戻す事。そして、悠季に会いに行く事だった。

未夢は、息子の死を受け入れられず、心はボロボロ・・、
「なぜ、私が生きている、なぜ、子どもが死ぬ、今まで、なぜ、私は生きてきた」と、

自分が生きてきた人生そのものに落胆し、全ての自分をとことん痛め続けた、
そんな未夢は、涙と酒に溺れて1ヶ月の時を刻む。

養父(偽善)は、パチンコ三昧の日々を過ごして、1ヶ月を迎えると、
「俺、立ち直った、お前は♪」と、ヘラヘラと未夢に言い寄ってきた。

未夢は、無神経過ぎる偽善に虫唾が走り、怒りの球を投げ返す、
「ますます辛くなったよ!」と、大声で怒鳴った、

後に、未夢は離婚を要求、すると、偽善は拒否。

それでも譲らない未夢に対して偽善は、
『悠季が手元にいれば未夢が戻る』との思惑から、悠季を連れて実家がある岩手へ行った。

一方、息子を失い「死にたい」の思いに呑み込まれた未夢は、慎也と再会。
すると慎也は、未夢が『自分を取り戻し』『悠季に会いに行く』サポートをする。

そんな慎也に背中を押された未夢は、岩手に住む悠季のところへ行く。

未夢の目の前に現れた悠季は、一回り小さくなり、視線は空を見つめたまま、
そんな悠季は空に向かって「ママ」と声を発する、見るからに『心ここにあらず』状態だった。

また、悠季を抱く未夢の腕に、胸に、悠季の温もりも重みも・・、全く伝わってこない、 まるで、雲でも抱いているかのように、抱きしめると消えてしまう、手を放せば空へ舞い上がってしまう・・・未夢は不安を胸いっぱいにためて・・帰った。

親の身勝手な行動が、子どもの人生までも狂わせる。

    ごめんなさい・・、深く、深く、反省しています、_(._.)_<(_ _)>



■ Copyright © 2019 慢性ショック・心の病・心のケア youalive.com all rights reserved ■